故人を想ってお墓を購入しようと考えている方が一番気になるのは購入費用ではないでしょうか。日本は地価の高い地域と低い地域の差が非常に高い国と言えます。その為、東京都や神奈川県といった人口の多い都市部と地方の田舎地域とはお墓の購入価格に何倍もの差があります。日本で一番お墓の購入価格が高いのは間違いなく東京23区です。東京23区の地価は、世界でも有数の高さとなっていますので、お墓の購入費用が高くなるのも当然と言えば当然なのですが、様々な費用を合わせた総額が1,000万円を超える事も少なくはありません。常識的に考えて、一般的な家庭がお墓を建てる費用として1,000万円を支払えるとはとても思えません。もちろん東京23区でもそれほど高くはないケースもあります。

東京23区で購入するよりも横浜で購入。

自宅が東京23区にある方は、お墓もできるだけ近い方が良いと考えるのは当然の事なのですが、購入費用を捻出することができない方々におすすめなのが横浜エリアです。このエリアは神奈川でも人口の集中している地域という事で、全国平均から見るとかなり高いと言えますが、それでも東京23区に比べるとかなり安くなります。相場から考えて500万円以上かかるケースは全体の2%しかありません。ほかは50%以上が200万円から300万円となります。その為、東京23区に比べると4分の1から5分の1で購入する事ができる事になります。お墓の購入費用とはおもに3つで、永代使用料、墓石費用、管理費です。この中で永代使用料とは、お墓を購入すると言っても土地を実際に購入するわけではなく使用する権利をもらうという事なので税金は発生しません。

霊園選びではポイントをしっかりと把握しましょう。

価格と共に霊園選びで重要になってくるのがまずは交通アクセスでしょう。神奈川県であれば東京からも隣接しており、バスや電車などの公共交通機関が細かく整備されていますので短時間で訪問することができますし、高速道路もありますので自家用車で通う事もできます。その上、観光地や繁華街が近くにある事も少なくありませんので、お墓参りに行くついでに食事に行ったり、買い物をする事もできますし、その逆も然りです。また海に面している霊園も少なくありませんので、海や川、山などの自然を感じながら静かにお墓参りをする事もできます。横浜に関して言えば、交通アクセスがこれほど良い場所はありませんので、東京23区でお墓を購入する場合に比べて費用対効果が非常に優れている事は間違いありません。