お墓を購入するという事は、家を購入する時にも似た感覚になる事があります。決して安くはない買い物なので、後悔をしない為にも購入する前に準備出来る事はしっかりとして知識として入れておくべき事はしっかりと学んでおくことが必要になってきます。まず大前提として知っておくべきことは、お墓を購入するという事は土地を購入するという事ではなりません。お墓の購入する際の費用としては、永代使用料、墓石代、管理費があります。永代使用料とは、お墓の設置する土地を霊園から購入するという事ではなく、半永久的にその土地を使用できる権利の許可をもらうという事です。その為、資産という意味合いではないので税金はかかりません。その代りに、管理費を定期的に支払わなければなりません。

東京に住んでいるからといって東京に買う必要はありません

お墓を購入する際に陥りやすいのが、自分の住んでいる場所が東京の場合は、できるだけ通いやすいように東京でお墓を購入した方が良いという感覚です。もちろん間違いではありませんが、そこで問題になってくるのが費用の問題です。東京の中でも特に東京23区というのは、日本だけではなく世界でも有数の地価の高い地域となっています。その為、お墓を購入する際の費用も必然的に高くなります。地域によって多少の違いはありますが、特に地価の高い地域では1,000万円近くの費用が必要になる場合もあります。一般的な家庭にお墓の購入費用として1,000万円を出せることは難しいでしょう。ここでも問題は高い費用と近い場所にあるという反比例にありますが、関係性を比例にしてくれるのが横浜エリアです。

東京23区に比べて費用対効果が高いエリア

横浜というエリアは、日本で一番人口密度の大きい土地として知られています。もちろん地価も全国平均から比べても高く、お墓の購入費用も高い場合が多いのですが、それでも購入費用の平均は200万円から300万円と東京23区に比べるとかなり費用を抑える事ができます。また交通アクセスが良い事も重要な要素の一つです。東京から直結しているバスや電車といった交通公共機関も多い為、短時間で霊園に通う事ができます。少なくとも東京23区の墓地に行く事と横浜の墓地に行く事の交通アクセスの違いはないはずです。また霊園選びの選択肢の一つとして環境も考慮しなければなりませんが、東京23区に比べて海や山に面している事が多いので、自然を感じる事ができる土地で静かにお墓参りをすることができます。