お墓を選んで購入する事と家を建てる事はある意味似通っていると言えます。どちらも一生で何度も購入する事ではありませんし、決して安くはないという事です。その為、後悔のしない希望通りの霊園を選びたいと誰しもが思うはずです。そこで重要になるのがどこで購入するかという事です。特に首都圏で購入する事を考えている方は、価格の面で非常に精査しなければならないと思います。その要因となっているのが地価の高さです。日本の中で特に地価が高いエリアとして知られているのが東京都と神奈川県です。特に東京23区は非常に地価が高く、その高さは世界でも有数です。その為、この地域でお墓を購入しようとすると資金繰りをするだけで大変な目にあってしまう事も少なくはありません。

東京23区よりも費用対効果が高い横浜

お墓を購入すると言っても、どのような費用が必要になるかを把握しておかなければなりません。お墓を購入する費用としては、永代使用料、墓石代、管理費があります。永代使用料とは、お墓を設置する土地を永久的に使用する権利を得るために支払う費用で、土地を購入する費用ではありません。実際に土地を購入するわけではないので税金などを支払う義務は発生しませんが、その代わり定期的に納めなければならない管理費が発生します。ここで霊園選びに重要なポイントの一つとして管理費があります。良い墓地というのは、この管理費が清掃や植え込みなどの手入れに充分に使用されています。その為、管理費の使用用途がしっかりとしているところを選ぶべきです。費用対効果を考えると東京23区よりも横浜がおすすめです。

東京でお墓を買おうとすると1,000万円必要

誰もがお墓参りの事を考えると自宅から通いやすいできるだけ近くで購入したいと考えるものですが、東京在住の方が東京23区で購入すると総額で1,000万円近く必要な場合もあります。そこで交通アクセスの面でも価格の面で費用対効果が良いのが横浜の霊園です。首都圏と直結している電車やバスのルートが整備されていますし、高速道路も整備されていますので交通のアクセスは抜群ですし、購入費用は東京23区に比べて4分の1から5分の1である200万円から300万円が相場となっています。また選ぶ際の選択肢として重要な環境面では、海や山に面している場所が多くありますので、お墓参りの際に自然を感じながら親戚一同で静かに過ごす事も可能な場所も多いです。更に観光地や繁華街も近いので利便性も優れているので、このようなポイントを押さえて選ぶと最適です。